mainphoto

名君  加藤清正公

加藤清正は、1562年6月24日、尾張国(現在の名古屋市)に生まれ安土桃山時代から江戸時代初期にわたり活躍した武将です。豊臣秀吉の家臣として活躍 した清正は、秀吉と血縁関係にあったとの説もあります。賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いでは敵将・山路正国を討ち取るという武功を挙げ【賤ヶ岳の七本槍】の一 人と言われており、その後も各地を転戦して功績を挙げ豊臣秀吉から肥後北半国を与えられています。また、秀吉没後は徳川家康の家臣となり、関ヶ原の戦いの 働きを評価され熊本藩主となりました。このころから日本三名城・日本三堅城の1つである熊本城の築城、領内の新田開発、治水事業を進め現在の肥後平野の基 礎をつくったことで町はどんどん豊かになり清正は、名君とうたわれ親しみを込めて町民から「せいしょこさん」と呼ばれていました。そんな清正も、二条城で の豊臣秀頼と徳川家康の会見に成功したのち熊本に帰る船中で発病、その後熊本城で亡くなりました。1611年6月24日、自分自身の誕生日でした。武功だ けでなく、様々な分野で偉業を残している清正は現在もなお熊本県民に慕われています。

kiyomasakun